変数というのは何でも入れることができる箱のようなものです。数学でいうXですね。
SET !VAR0 {{!URLCURRENT}}
SET !VAR1 myDearFriend
SET !VAR2 {{!EXTRACT}}
SET !VAR3 "{{!VAR1}} extracted {{!VAR2}} from page {{!VAR0}}"
①定義済み変数を入れる。
②文字列を入れる。
③抽出した文字を入れる。
④上記のものを組み合わせる。

といった芸当ができます。様々な場面で使うことができますよ。※Google Chromeでは!VAR1~!VAR3までしかサポートしていません。

使用例「ページのURLを抽出して、!VAR1に入れ、TAB2で開く」

VERSION BUILD=8300326 RECORDER=FX
TAB T=1
URL GOTO=http://imacros.doorblog.jp/
SET !VAR1 {{!URLCURRENT}}
TAB OPEN
TAB T=2
URL GOTO={{!VAR1}}