何に使うのかはよくわかりませんが、動作が始まってから終わるまでの時間を測るのがSTOPWATCHです。
STOPWATCH ID=○○(任意に決定できます)。
   
~動作~

STOPWATCH ID=○○
STOPWATCHで挟んだ間の時間を計ります。IDは記録する際の名前になります。例えば、ID=first pageとすれば、first page 4.3(秒)と記録されます。

CSVファイルに出力されます。予めCSVファイルは作成しておく必要があります(CSVファイル作成方法).。mydocumentのiMacrosフォルダのDownload内に作っておきましょう。名前は適当で良いです。stopwatch.csvにでもしておきましょう。出力先はSET !FILESTOPWATCHで指定する必要があります。

使用例 「動作の時間を計り、記録する」

VERSION BUILD=7500718 RECORDER=FX
TAB T=1
SET !FILESTOPWATCH C:\Users\n\Documents\iMacros\Downloads\stopwatch.csv
STOPWATCH ID=Total
STOPWATCH ID=Firstpage

URL GOTO=http://demo.imacros.net/Automate/StopWatchDemo
STOPWATCH ID=Firstpage
TAG POS=1 TYPE=A ATTR=HREF:http://demo.imacros.net/Automate/AutoDataEntry
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:fname CONTENT=Tom
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:lname CONTENT=Tester
STOPWATCH ID=SubmitData
TAG POS=1 TYPE=BUTTON:SUBMIT FORM=ID:demo ATTR=TXT:Submit
STOPWATCH ID=SubmitData
STOPWATCH ID=Store1

URL GOTO=http://www.iopus.com/imacros/
TAG POS=1 TYPE=A ATTR=TXT:*Buy*
TAG POS=1 TYPE=IMG ATTR=ALT:BuyNow
STOPWATCH ID=Store1
STOPWATCH ID=Total

WAIT SECONDS=2
URL GOTO=http://demo.imacros.net/Automate/StopWatchReport
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=NAME:form1 ATTR=ID:path CONTENT="In iMacros Downloads folder"

同じIDで囲んだ範囲の時間を計測します。結果はこのようになりました!stopwatch