Playタブに、Play(Loop)と書かれたボタンがあります。何回もマクロを繰り返したいときに使うiMacrosの機能です。それに少し便利さを加えたのが!LOOPです。繰り返し回数が増えていくごとに!LOOPの数も1つずつ増えていきます。
SET !LOOP n
nはどの数字から始めるかを示します。n=2だと、2、3,4と1つずつ数が増えていくこととなります。
{{!LOOP}}
実際に変数として使用する時は上記のように使用します。

使用例 「LOOPでデータソースのラインを一行ずつ変更していく」

VERSION BUILD=8031994
TAB T=1    
SET !DATASOURCE Address.csv
SET !LOOP 2
SET !DATASOURCE_LINE {{!LOOP}}
URL GOTO=http://demo.imacros.net/Automate/AutoDataEntry
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:fname CONTENT={{!COL1}}
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:lname CONTENT={{!COL2}}
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:address CONTENT={{!COL3}}
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:city CONTENT={{!COL4}}
TAG POS=1 TYPE=INPUT:TEXT FORM=ID:demo ATTR=NAME:zip CONTENT={{!COL5}}
データソースは!DATESOURCEを参照してください。