JavaScriptはiMacrosで簡単に作ることができます。

どんなマクロでもいいです。Edit Macroで編集モードにしてみましょう。
pointiim
#Current.iimのマクロを編集してみると、
current


名前をつけて保存するボタンがあります。保存する際に「.js」をつけましょう。
current2

これでJavaScriptファイルが完成しました。
もちろん中身はiMacrosのプログラムなので、動きません。これから編集する必要があります。

左のサブウィンドウの中にさきほど保存したファイルがあるので、Edit MacroJavaScriptも編集することができます。また、JavaScriptを動かしたいときは、Playでiimファイル同様動かすことができます。